ニュージーランドの留学や移住、起業、旅行、就職など総合情報サイト

ACC

ACCは(Accident Compensation Corporation)の略で、居住者、非居住者に関わらず、ニュージーランド国内で起きた事故に伴う治療費の一部や補償金を負担する政府機関です。補償システムが導入されたのは1974年で、資金は税金で賄われています。

国民や永住者だけでなく、旅行者やワーキングホリデービザでニュージーランドに滞在中の人にも適用されるが、状況によってカバーされる金額に違いが生じる。対象は事故のみで病気には対応していません。

ACCへの治療費や補償金などの申請は医療関係者が担当し、基本的にその場で負担金額が提示される。例えば、旅行者がバスの階段で転倒し、足首をねんざした場合は、レントゲンや薬の処方など、診察にかかった費用からACCが負担する分の金額が差し引かれ、差額分が請求されます。

治療が長引いたり、後遺症が出た場合などは、医療機関を通じての再申請が認められています。けがを負った当人が海外旅行保険に加入している場合は、病院側からACCではなく、保険会社に手続きをとることが多くなります。

ACC連絡先
Ph: 04-816-7400
www.acc.co.nz